急な出費でお金を用立てしなければいけない時、どうすれば良いのでしょうか?
オークションで物を売る、日雇いバイトで稼ぐ、親や友人から思い切って借金する、カードローンでサクッと借りる等など、お金を用立てる方法はいくつかあると思います。
そこで今回は、即日でお金を借りる事に絞って解説していきたいと思います。
今すぐお金が必要な時、どのような方法を取れば一番良いのか、是非とも参考にしてください。

親や友人からお金を借りる!

今すぐお金が必要になった時、親や知人を頼る方は多いのではないでしょうか?
お金を借りるとなるとカードローンやキャッシングが一般的かもしれませんが、融資を受けるには審査を受けなければいけませんので、そう簡単にお金を用立てることが出来ません。

しかし親や友人からお金を借りるのはなかなか勇気のいることです。
特に自分の親にお金のことで心配かけたくないという人が殆どでしょうから、尚更相談しにくいことでしょう。
後ろめたさからやっぱりお金を借りるのは止めようと考えてしまう人も決して少なくありません。
他に手立てがあるならそれも良いかもしれませんが、親や知人からお金を借りるのが最善の策と思うのであれば、勇気を持って相談することです。
いい年して親に縋り付くなんてと思うかもしれませんが、事情をきちんと話せばきっと親御さんも理解してくれます。
親はいくつになっても自分の子供に頼られたいと思うものですし、困っていたら助けたいと思うものです。
親子関係が悪いわけではないのであれば、思い切って相談してみましょう。

親にお金の相談をする際は、なぜ今すぐお金が必要なのか?その理由をきちんと話しましょう。
どんな言い訳をしてお金を借りようかと考えたくなる気持ちも分からなくはないですが、親にしてみれば嘘を疲れるのはとても心苦しいものです。
自分は子供から信頼されていないのだろうかと思ってしまいます。
変に言い訳などせず、正直に打ち明けるのが一番です。

親や知人からお金を借りる場合でも、借用書はきちんと書きましょう。
きちんとお金を借りたという事実を書面に残しておかないと、後々トラブルになりかねません。
お金の貸し借りによるトラブルは非常に多く、口約束だけで済ませてしまうようなことがないようにしましょう。
また借用書をきちんと書くことで、自分はお金を借りている、そしてそれによって迷惑と心配をかけているんだと自覚します。
そして書面に残すことできっちり返済しようと思うようになります。
親御さんの中には出世払いで良い、払える時で良い、と言う方も多いですが、そのような言葉に甘えてしまうことがないようにやはり借用書は書くべきです。

借用書には金利と返済についてもきちんと記載しましょう。
金利は金融機関と同等にする必要はありません。
親と話し合った上で決めるのが良いかもしれませんね。
返済は、毎月何日に支払いするのか、いくらずつ支払うのか、完済日はいつなのかハッキリと記載しましょう。
やはりお金を貸している側もいつに返済するのかは気になるところです。
返済日を決めないと相手も不安になりますから、ハッキリと決めておくことです。

親しい仲同士でもお金の貸し借りはトラブルになりやすいと言う事を、キチンと理解した上で相談するようにしましょう。

質屋でお金を借りる

質屋でお金を借りる事が出来るのをご存知でしょうか?
質屋と聞くとブランド物のバッグや時計を高く買い取ってもらうだけのイメージが強いですが、そんな事はありません。
実際に質屋でお金を借りる方は沢山いらっしゃいます。
その日に借入も可能ですから、今すぐお金が必要という場合に最適な方法になるかもしれません。

質屋でお金を借りるには、何か担保になるものを用意する必要があります。
品物をお店に預けそれに見合う分だけのお金を借りる事が出来るのが質屋です。
ですから何か預ける品物がないことにはお金を借りることは出来ません。
カードローンのように無担保で借り入れということは一切できないので注意しましょう。

カードローンでお金を借りた場合、万が一返済に遅れると催促の電話や取り立てがされます。
自分で返済に遅れるのが悪いとはいえ、催促されるのはあまりよい気分ではありませんしストレスと感じる方も多いのではないでしょうか?
催促を止めるには自分がキチンと返済する以外ありません。
これに対し質屋では返済に遅れても催促や取り立てはありません。
但し預けた品物の所有権を失います。
質屋は預かった品物を返済に充て、これを質流れといいます。
お金を借りた人は品物の所有権を失う代わりに返済を終えることが出来るのです。
返済に遅れても催促がなくその代償として品物を失いますが、逆に支払いできなくてもその程度で済ませることが出来るともいえます。
その為、始めから返済できないつもりで質屋でお金を借りる方も少なくありません。

質屋でお金を借りるうえで気になるのが信用情報への影響ではないでしょうか?
カードローンでは申し込みしただけでも履歴が残りますし、返済を遅滞しようものなら事故情報として記録され、新たに借入れができなくなってしまうほど重症を負います。
しかし質屋からの借入れは信用情報に一切影響しません。
もちろん返済をしなくても、そのことが記録されることはありません。
そういった意味でカードローンよりも気軽にお金を借りる事が出来るともいえます。

質屋の金利はいくらぐらいになるのかご存知でしょうか?
カードローンの場合ですと上限で18%前後ですが、質屋の場合は年利70%前後にもなります。
金利が高いことがデメリットなのは言うまでもありません。
また支払期間が始めから決まっていのも質屋の特徴と言えます。
期限は3ヶ月と非常に短いです。
3ヶ月以内に全て返済できなければ、品物を失います。
カードローンは返済能力や信用力を総合的に判断して融資限度額を決めますが、質屋の場合は預けた品物の価値で金額が決まります。
よほど効果なものでないかぎりは高額な借り入れは難しいです。

質屋で借りるより、オークションでものを売るほうが高くつく可能性もあります。
ただオークションは現金を手にするまでに時間がかかります。
出品したその日に売れて入金されればその日に現金を手にすることも出来るかもしれませんが、そうそう運良く落札される可能性はかなり低いです。
質屋なら預けたその日に現金を借りれますから、今すぐお金が必要なときで売るものはあるけど手放したくないという場合に最適な方法といえるのではないでしょうか?

カードローン・キャッシングでお金を借りる

最近はカードローンの知名度が高くなってきておりより身近な存在になりつつあります。
その為、お金を借りる方法=カードローンと考える方も多くなりました。
カードローンやキャッシングの魅力は気軽にお金を借りれることにあります。
ローンと聞くと面倒な手続きや用意する書類が多く、融資までに非常に時間と手間がかかるイメージがあります。
しかしカードローンは簡単な手続きと書類のみでお金を借りる事が出来ます。
担保も保証人も必要ありませんので誰の迷惑にもなることがありません。

またカードローンのもう1つの魅力は融資されまでのスピードの速さです。
カードローンは申込んでから実際に借り入れできるようになるまでに最短1時間です。
これは借入先によりますが、当日中にお金を手にすることは決して難しいことではありません。
しかも驚くことに融資に必要な手続きは全てネット経由で行うことも出来、土日でも融資契約を結ぶことが可能です。

今すぐお金が必要な時、借りたい時に借りれると言っても過言ではありません。
この利便性の高さが人気の秘密と言っても良いでしょうね。

そんな便利なカードローンですが、利用する上で必ず必要となる条件があります。
まず満20歳以上であることです。
残念ながら未成年の方はカードローンを利用することは出来ません。
そして次に働いて安定収入があることです。
返済を前提にお金を借りるわけですからこれも当たり前といえば当たり前の話ですね。

カードローンにも審査があります。
審査基準は業者ごとに違いますので、この条件を満たしていれば絶対に借りれる、と言った確実なノウハウ的なものはありません。
しかし審査で何が重要視されるのかというのは、どの業者でもある程度同じようです。
ですから審査を通過したいのであれば、最低限その重要視される部分だけでも知っておくと良いです。

まず上述した通り安定した収入があるかどうか、審査では必ずチェックされますしかなり重要となります。
実際の収入額や勤続年数などを基に収入が安定的かどうか判断します。
勤続年数が長ければ収入と仕事が安定していると見なされ審査に有利となります。
一つの職場で長く勤務されている方はチャンスです。
逆に勤続年数が短い方は審査通過は難しいと思ってください。
1年未満の方や日雇いバイトなどですとかなり厳しいでしょう。

他社のローンやクレカの利用状況も審査では重視されます。
総量規制の関係で、個人の借り入れは年収の3分の1を超えることが出来ません。
ですから既に総量規制ギリギリまで借りている場合は新たに融資を受けることは難しくなります。
返済を遅滞すると自身の信用情報には事故情報として記録されます。
この事故情報が記録されていると審査通過は先ず無理だと思ってください。
信用を欠く行為ですので、もし過去に遅滞経験がある方は融資を受けるのはかなり厳しいでしょう。

カードローンは銀行が良いのか消費者金融が良いのか迷うかもしれません。
しかし即日でお金を借りたいのであれば迷わず消費者金融が選ぶのが良いでしょう。
と言うのも消費者金融のほうが圧倒的に対応が早いからです。
銀行ですと融資までに時間がかかるケースが多いですから、その日のうちに借りたいのであれば消費者金融をオススメします。